不動産の売却を考えた体験談

不動産を売却しようとした時の体験談

私たち家族は今現在一戸建ての注文住宅に住んでいますが、この自宅でもある不動産を以前売却しようと検討していた時期がありました。理由は、子供が大きくなるにつれて小学校に通う際、自宅近くにある小学校に行くものだと思っていたところ、全く異なり、実際はかなり離れた小学校に行かなければならなく、子供が可哀そうと思ったことです。そのため小学校近くの不動産を探し、実際モデルハウスにも足を運び、契約しようか寸前まで悩みました。その際に自宅を売却しなければならないため、大手不動産会社の方に売却の見積りをしていただきました。 査定する上で記憶に残っていることは、フローリングの傷まで細かく調べていたことでした。そのころ子供はまだ小さかったためソフビ人形で遊んでいたのですが、その人形で遊んだ跡が残っているようで、マイナスポイントだと言われました。また自宅前に工場があるのですが、私たち家族は慣れているせいか騒音は気にならないのですが、やはり騒音はマイナスになると言われました。しかし大手ハウスメーカーの注文住宅でもあったため、評価は高く、金額には満足いく査定をしていただけました。 最終的に売却はせず、引っ越すことも無く、今現在も住んでいますが、あの時は本当に悩んでいました。しかし良い経験にもなったと今では思います。

◆お金の掛かりそうな所はあるか? ◆売却理由は何か?(リフォーム) ◆利回りの計算する上て?の家賃表(レントロール)は適正な家賃か?"

— 不動産投資@ぽよよんリーマン (@Poyoyon20000) 2019年3月26日

注文戸建て住宅を残して他県でマンション生活 / 戸建てを売却してくれる不動産会社探し / 現在は問い合わせ待ち / 不動産を売却しようとした時の体験談